NEWS

お知らせ

お知らせ

フランス実写版『シティーハンター』、11月の日本公開決定!

今年2月6日にフランスで公開され、168万人を動員し社会現象になった、フランス実写版シティーハンター『NICKY LARSON』が日本上陸!

日本公開タイトルは、『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』。サブタイトルは、この物語の重要な鍵となる「パフューム=“香”水」と、主人公・冴羽獠の相方である槇村“香”のダブルミーニング。それに「最高」を重ね合わせた、「史上最“香”のミッション」に決定しました。

11月の日本公開に伴い、日本版ティザービジュアルと特報映像が発表されています。

 

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』 特報映像はこちら

 

フランスで実写版が製作された経緯

1980年代に日本で大ヒットした原作コミックとアニメは、その後ヨーロッパで普及。フランスでは「クラブ・ドロテ」(1987-97)というテレビ番組の中で、『NICKY LARSON(ニッキー・ラーソン)』のタイトルで放送され、人気を博しました。

フランス実写版の監督と主演を務めたフィリップ・ラショー氏は、1980年生まれの38歳。小学生のときにこの番組を観て、『シティーハンター』を大好きになったといいます。やがて、自身の手で『シティーハンター』を映画化することを企図したラショー氏は、企画書・プロットに直筆の手紙を添え、北条の事務所に送付。そのプロットを北条が気に入り、脚本を携えて来日したラショー氏と協議した結果、映画化される運びとなりました。

北条は、パリで開かれたコミコン(テクノロジーとポップ・カルチャーのイベント)で、公開前のトークイベントに参加。いち早く鑑賞し、「これぞ 『シティーハンター』!」と高く評価。その後フランスで公開されると、2週間で100万人を突破する観客動員数を記録しました。

フランス実写版168万人動員の理由は、原作に忠実で、コメディとアクションの絶妙なバランスが取れているため。ラショー氏は、コメディ映画「世界の果てまでヒャッハー!」(2016)を、フランスで大ヒットさせた実績がある、フランス・エンターテインメント界の新世代クリエイター。「まずは原作に極力忠実であること。その上で、『シティーハンター』の世界観と自分のユーモアを融合させた、現代的なアクションコメディを作ることを心がけた」と語っています。

 

フランス実写版の監督&主演を務めたフィリップ・ラショー氏の言葉

「18か月かけて書いた脚本を持って北条司先生に会いに行き、その48時間後にOKがでたんだ。北条先生から、『脚本が原作に忠実で、このストーリーは原作にも入れたかった』と言ってもらった。最高の褒め言葉で、天にも昇る気持ちだったよ! その時のことを考えると、こんなにも早く日本の皆さんに観てもらえる日がやってくるなんて! お手柔らかに!」

 

北条司の言葉

「今年(2019年)は、『シティーハンター』の劇場アニメ版公開からはじまり、このフランス版の日本公開で締めくくることができ、まさに“『シティーハンター』イヤー”となりました。大変うれしく思います。監督の愛が詰まった、ワクワク、ドキドキするアクションコメディ映画となっています。『シティーハンター』を応援してくれる方には是非ご覧いただきたいです」

 

******************************************************************************************

原題:NICKY LARSON et le parfum de Cupidon (冴羽獠とキューピッドの香り)

フランス公開:2019年2月8日

監督:フィリップ・ラショー(『世界の果てまでヒャッハー!』)

出演:フィリップ・ラショー(冴羽獠) 、エロディ・フォンタン(槇村香)

配給:アルバトロス・フィルム

宣伝:ガイエ

Ⓒ AXEL FILMS PRODUCTION – BAF PROD – M6 FILMS

 

2019年11月 、TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開!