CEO INTERVIEW

社長インタビュー

社長インタビュー

社長インタビュー

学び、育て、広げていく。
止まることを知らない、
“次の漫画”への挑戦。

THEME4

新人の才能の見極め方も、編集者が備えておくべきテクニック。
「絵は下手でもいい。少しでも光る部分があれば。」

堀江社長自身も編集者として、北条司先生や原哲夫先生など、日本を代表する漫画家さんとともに、たくさんの作品を生み出してきました。北条先生や原先生の新人時代を覚えていますか?
堀江:よく覚えています。原先生が、とにかくすごかったのは、“人を殴る絵を、やたら痛そうに描ける”ところでした。これに関しては本当にすごかった。「この漫画は、めちゃめちゃ痛いな」なんて言っていたのを覚えています。
北条先生はどうでしたか?
堀江:北条先生がはじめに送ってきた新人賞の作品は、すでに「きっとすごく上手くなるだろう」っていう線を持っていました。あと、“絵が大きく見える”っていう特徴がありました。彼の作品は、コマ数が多いから、絵は小さくなるはずなのですが、人物がすごく大きく見えます。『北条マジック』です。
社長インタビュー4
後に大ヒットを生む先生でも、はじめから100点だったわけではないんですね。
堀江:もちろんです。それよりも、コマ割りによる演出に1つだけでも秀でているところがあるかどうか。大事なのはそこなんです。絵が下手でもいいんです。その着眼点で選定すると、たくさんの才能を生み出せるのではないかと思っています。
そこを見極めるためにも、やはり編集者の技術が大切なんですね。
堀江:せっかく漫画家になりたいと思って小さな頃から漫画の勉強をしていた子がいたとしても、才能を見抜く側に能力がなかったらかわいそうですよね。『月刊コミックゼノン』をスタートした時に、そういう視点から新人さんを育てたいという思いが強かったので、セリフなし・演出力のみで審査する「マンガオーディション」という新人賞をはじめました。
『サイレントマンガオーディション』は、その考えが海外にまで及んだ、ということですね。
堀江:作品全体のまとまりではなく、演出を評価するという方法が好評だったので、今度は海外でもやってみることにしました。今では年間1000以上の作品が集まる国際的な漫画賞になりました。だから、本当に才能のある作家さんの見極め方も、編集者が備えておくべきテクニックだと思います。