「織田シナモン信長」

目黒川うな先生 インタビュー

「織田シナモン信長」目黒川うな先生インタビュー

「織田シナモン信長」アニメ化を経て

「織田シナモン信長」アニメ化を経て

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。意地を通せば窮屈だ。山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。智に働けば角が立つ。
とかくに人の世は住みにくい。山路を登りながら、こう考えた。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。情に棹させば流される。

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せ

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。意地を通せば窮屈だ。山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。智に働けば角が立つ。
とかくに人の世は住みにくい。山路を登りながら、こう考えた。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。

プロジェクトについてプロジェクトについてプロジェクトについて

作品紹介

タイトル 織田シナモン信長
作者 目黒川うな
概略 『月刊コミックゼノン』にて2014年6月より連載開始。2020年1月よりテレビアニメ放送中。
あらすじ 時は1582年6月、織田信長は本能寺の変によりその人生を終えたかに見えた…。しかし、目を覚ますとそこは現代。しかもその姿は犬になっていた…!! 信玄も謙信も政宗も皆、犬! ワンワンお犬様コメディ♪