『終末のワルキューレ』が入賞! 約1,000万⼈が選ぶ“絶対に⾯⽩い”マンガ賞 「ピッコマAWARD 2020」が発表。

2020.05.25

電⼦マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」を運営する株式会社カカオジャパンが、マンガ賞「ピッコマAWARD」(2018年より開催)2020年度の受賞7作品を発表。
累計300万部を突破したコアミックスの人気作『終末のワルキューレ』が「ARBOR(⽊曜)賞」に選ばれました。

■ ARBOR(⽊曜)賞■
『終末のワルキューレ』
作画:アジチカ 原作:梅村真也 構成:フクイタクミ/コアミックス

【受賞理由】
20代・男性を中⼼に、「待てば¥0」をきっかけに読み始めそのままどハマりしてしまう読者が多数。「ピッコマで初めて購⼊した作品」のカテゴリーポイントが⾼いことも特徴的。
少年マンガファンからも⻘年マンガファンからも愛され、

最新6巻の発売時には、ピッコマDailyランキング1位を獲得した。


 

「ピッコマAWARD WEEK」スタート!

ピッコマでは「ピッコマAWARD 2020」を記念し、5/23(⼟)〜6/7(⽇)に、受賞7作品がお得に読めるイベント「ピッコマAWARD WEEK」を開催。
受賞作品の無料配信や待てば\0範囲の拡⼤をはじめ、5/25(⽉)からは、ピッコマAWARDの受賞名の由来である「曜⽇」にちなんだコイン還元キャンペーンを1週間実施。5/25(⽉)〜5/31(⽇)までの7⽇間、毎⽇1時間限定で、受賞曜⽇の作品をその時間中に購⼊すると、その作品購⼊⾦額全額分のコインが還元されます。

著者の受賞コメント、賞の詳細は特設サイトをご覧ください。
https://piccoma.com/web/event_detail/3239

ニュース一覧